スーツケースを預けるなら航空会社チェックインカウンターの長蛇の列に並んで搭乗券など提出といった苦労がありますが、リモワ電子タグは専用スマホのアプリと連動し事前に荷物チェックインをしてスムーズに預け入れができる新たなデジタルサービス。

スーツケースを預ければスマホ専用アプリから手荷物引換証が確認できて、アプリ内に保存されて紛失するようなことはないです。

電子タグディスプレイに表示される情報は空港からわたされる手荷物引換証と一緒の内容が表示されて、タグが切れたり紛失するのを防げます。そしてディスプレイは電子ペーパーが採用され、省電力、高い視認性が実現。

今対応してる航空会社はルフトハンザ空港のみですが、いろいろな物のデジタル化が普及してその他の空港会社も近い将来対応していくようです。

他社でも電子タグスーツケースが普及してくると各航空会社も対応せざる得ない状況となって普及が加速するはず。

今60L以上のケースに電子タグモデルが販売荒れて30リットルなど機内持ち込みタイプに対応してないですが、いろいろなシリーズで対応してるケースがあります。リモワスーツケースについてるアイテムの1つにネームタグがありますが。

これはプラスチック中に住所、名前を入れるタイプが一般的ですが、リモワのネームタグは全面レザーで高級感があって、一見すれば使い方が不明です。ネームタグ上部はポケットでメモなど容姿を入れられるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です