リモワスーツケース各社ケースに装備されてることで知られてるTSAロックですが、国内旅行へ出張での使用がメインの人はあまり必要がないもの。どういったと井子のロックが必要になるのか疑問です。その疑問解決のため思い出してもらいたいのは、アメリカ同時多発テロ。当時テレビ中継を見ていた人もいることでしょう。4機の航空機がハイジャックされ世界貿易ビルに激突した衝撃事件ですが、あれ以来海外旅行者が多いことで知られてるハワイなどアメリカ領土への出入り、アメリカ国内フライトで厳格な荷物検査がTSAでされるようになりました。どういった検査法かと言えば、飛行機内にもちこむ手荷物を電磁的スクリーニング検査と呼ぶ荷物の中を投資する検査がされますが、TSA職員が荷物をあけて念入り目視チェックすることもあって、絶対施錠しないよう求められています。

Salsa_Rimowa

空港で預けてしまう荷物は注意しましょう。それは持ち主の目が届かないところで検査されて、万が一荷物に世情があったら施錠部位を破壊して中を検査してもいいと決められちて、それによって荷物の持ち主が被った被害は全く保証されません。TSAロックはTSAにより認定されたケースに装備されてる接錠機構の名称で、ブラインドラインがとても多く、ドイツ一流メーカーリモワの製品はすべてのTSAロック採用されており、すべて認定を受けてることになります。

こう考えてみれば改めてリモワに感心してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です