電子タグを利用してリモワケースを預け入れできる

スーツケースを預けるなら航空会社チェックインカウンターの長蛇の列に並んで搭乗券など提出といった苦労がありますが、リモワ電子タグは専用スマホのアプリと連動し事前に荷物チェックインをしてスムーズに預け入れができる新たなデジタルサービス。

スーツケースを預ければスマホ専用アプリから手荷物引換証が確認できて、アプリ内に保存されて紛失するようなことはないです。

電子タグディスプレイに表示される情報は空港からわたされる手荷物引換証と一緒の内容が表示されて、タグが切れたり紛失するのを防げます。そしてディスプレイは電子ペーパーが採用され、省電力、高い視認性が実現。

今対応してる航空会社はルフトハンザ空港のみですが、いろいろな物のデジタル化が普及してその他の空港会社も近い将来対応していくようです。

他社でも電子タグスーツケースが普及してくると各航空会社も対応せざる得ない状況となって普及が加速するはず。

今60L以上のケースに電子タグモデルが販売荒れて30リットルなど機内持ち込みタイプに対応してないですが、いろいろなシリーズで対応してるケースがあります。リモワスーツケースについてるアイテムの1つにネームタグがありますが。

リモワルフトハンザが買える唯一のネットショップ

リモワスーツケース正規通販サイト-スーツケースマニア

これはプラスチック中に住所、名前を入れるタイプが一般的ですが、リモワのネームタグは全面レザーで高級感があって、一見すれば使い方が不明です。ネームタグ上部はポケットでメモなど容姿を入れられるようになっています。

リモワのロック機能に驚くはず

リモワスーツケース各社ケースに装備されてることで知られてるTSAロックですが、国内旅行へ出張での使用がメインの人はあまり必要がないもの。どういったと井子のロックが必要になるのか疑問です。その疑問解決のため思い出してもらいたいのは、アメリカ同時多発テロ。当時テレビ中継を見ていた人もいることでしょう。4機の航空機がハイジャックされ世界貿易ビルに激突した衝撃事件ですが、あれ以来海外旅行者が多いことで知られてるハワイなどアメリカ領土への出入り、アメリカ国内フライトで厳格な荷物検査がTSAでされるようになりました。どういった検査法かと言えば、飛行機内にもちこむ手荷物を電磁的スクリーニング検査と呼ぶ荷物の中を投資する検査がされますが、TSA職員が荷物をあけて念入り目視チェックすることもあって、絶対施錠しないよう求められています。

Salsa_Rimowa

空港で預けてしまう荷物は注意しましょう。それは持ち主の目が届かないところで検査されて、万が一荷物に世情があったら施錠部位を破壊して中を検査してもいいと決められちて、それによって荷物の持ち主が被った被害は全く保証されません。TSAロックはTSAにより認定されたケースに装備されてる接錠機構の名称で、ブラインドラインがとても多く、ドイツ一流メーカーリモワの製品はすべてのTSAロック採用されており、すべて認定を受けてることになります。

こう考えてみれば改めてリモワに感心してしまいます。